自分の価値を信じて

無数にあるサイトであなたが私のとこに来てくれるのって奇跡に近いと思わない?                         その奇跡を大切にしていきましょうよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名前

俺には、なにもなかった。いや、あったのかもしれないが見えなかった。
現実ってやつは、いつも残酷だ。そのものの大切さに気づいた瞬間には、もうそれは、手の届かないものとなっている。
あの日捨てた名前が、居場所がどれだけ大切だったのかを噛み締め今日も運命から逃げる



退屈な日常だった。いつもと変わらない焼き回しのような世界。
ただひとつ、違ったのは、一通のメール
「あなたは、選ばれました。このくだらない世界の抜け方をお教えしましょう。電話番号は、000000」
くだらないオカルト集団の迷惑メールくらいにしかおもってなかった。
その日から、毎日メールが来た。
「今の生活に不満は、ありませんか?私たちなら、世界の抜け穴おしえちゃいまーーす。電話番号は、000000」
「なかなかかけませんね?むむむむ。じゃあ特別ですよ?あなたが望むものをひとつだけあげちゃいます!電話番号は000000」
毎日きっかり0時に届くメール。誰かの悪戯なのかもしれない。でもここに電話しなくちゃいけない気がして、番号を押す。
「・・・・お客様のおかけになった電話番号は、」
「やっぱり悪戯だよな。」
「ただいまをもちまして終了します。おめでとうございます。さぁ、楽しい世界にGO」
スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 13:58:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ストーカー3

「先生助けてください」
中は、悲惨な状況だった。3人の死体が転がり部屋は、血だらけだった。
めまいがし、吐き気もしたが電話をしなくちゃ・・・・
ダイアルを押し待った
トゥルートゥルルー
早く出てくれつと心の中で何回も唱えた
「ハイもしもし、どうなされましたか?」
「助けてください!!今殺されそうなんです。早くきてください!!」
「落ち着いてください。今どこですか?」
「○○高校の職員室です。」
「今警官がむかいましたので、10分程度でつきます。動かずに隠れていてください」
「わかりました。はやくしてくださいね」
そういって電話を切った。
警官が来るまでどこに隠れようか・・・・・
とりあえず一番端の机に隠れることにした。
あと9分・・・・・・・・・・・・
なんでこんなときだけ時間を長く感じるのだろうか?
もし奴が来たときのためにトラップでも仕掛けておくんだった。そうすれば少しでも時間稼ぎができたのに、今やってちょうどきて刺されたんじゃ、まぬけすぎる
あと5分・・・・・・・・・あと少しなんだ。
そう思った時、職員室のドアが開いた。
僕は、全身からいやな汗をかいた・・・・・・・・
警察が早くきてくれたのならどれだけうれしいか。そんなあわい期待を抱きそうになるくらい入ってきた人物は、動かない
もしかしたら奴がドアだけ開けてどこかにいったんじゃないか?
確かめたい・・・・・・・でももしドアにいるだけだとしたら・・・・・・・・
あと3分すると突然
「いるんでしょ?私には、わかるわ。そんなかくれんぼみたいなことは、やめなさいよ」
心臓が破裂しそうなくらいに跳ね上がる
だめだ・・・・・・・・・逃げれない
「そう・・・・・・・出て来るきないんだ。私に探してほしいのね」
加藤は、順番に探していくきらしい
あと2分
だんだんあいつの足音が近づいてくる
腕が震える。震えを止めるために手を握ろうと動かすと
ガタン
「そこにいたのね!!」
  1. 2007/08/06(月) 13:42:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストーカー2

加藤の頭からは、血がでてるようだった・・・・・
「早く救急車呼ばないと!」
「そうだな・・・・・・・・とりあえず職員室に行こうもう8時回ってるけど誰かは、いるだろ」
「あなた・・・・・・・・・・また他の女と話してるのね。私にこんなひどいことをして、ゆるさない・・・・許さない・・・殺してやる」
「ねぇ・・・・・・・・?加藤さんなにいってるの?そんな冗談いうひとだっけ?」
「「白井さんはなれて」
そういった瞬間には、もう首に深々とナイフが入っていた。
「あははははははあはっははははは。気安く私の彼と話すからよ!!」
「だずけで・・・・・・・・・松野ぐ・・・・・・・・・・ん」
体がそのまま地面に倒れる
「次は、あなたよ・・・・・・・・あははあっはははは」
夢なら覚めてほしかった。でもこれは現実で・・・・
死にたくない!!こんなキチガイなんかに殺されるなんてぜったいにやだ
そう思った瞬間には、もう走っていた。
「どこにいくのよ・・・・・・・あなたは、これから私と一緒なのよ」
笑い声が聞こえる。振り返れない、もし振り返ってしまったら殺されてしまう気がしたから
しばらく学校中を走り回った
「はあはあ・・・・・・・・ここどこだよ・・・・・・・・外に出なきゃ」
「ぎゃあぁぁぁあああああああ」
「なんだよ・・・・・・・・俺のせいでまた人が死んだってことになるのかよ。どうすればいいのんだよ!!」
つい大声が出てしまった。
声が聞こえた方向から足音が聞こえる。
ここで殺されればもう犠牲者がでなくなるそう考えるとここで殺されるのもいいかと思った。
でも、今まで殺された関係ない人は、許してくれるのだろうか?
「どこにいるの!!!あなたのせいでまた人が死んだのよ!?早くしないとまた犠牲者がふえてもいいの!」
このまま逃げてじゃだめだ。でもどうすればいい?奴が僕を好きというならいっそ全裸にでもなって幻滅させてやろうか
自分でもつまらないネタだと笑ってしまう。
「まだ走れる。そうだ警察に電話すればいいんだ。なんできづかなかったんだよ。さぁもうひと走りだ」
奴と会わないように慎重に職員室に向かった。
職員室につくと電気がついていた。
先生がいるんだとおもい、少し安心した。ドアをあけ
  1. 2007/07/19(木) 16:52:37|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストーカー

昨日クラスの女の子が死んだ。
名前は、寺田
顔を原型がなくなるまで刺されて死んだらしい。
僕の唯一の女友達で、恋の相談なんかもしてた。
みんなも事件のことを忘れようと努力して明るい話題を出すように心がけていた
事件が起こったのがきっかけで女の人とよく話すようになった
そんなときだった。クラスに残って宿題をやってると後ろに気配を感じ振り返ると
「なんで・・・・・・・あなたは、・・・・わ、、、、たしの気持ちを知ってるのに、他の子と話すのよ」
「いきなりなにいってるんだよ・・・・・気持ち悪いことをいうなよ・・・・・・・・加藤落ち着け・・・」
「あなたが悪いんだから・・・・・・・だから寺田さんも死ぬことになったのよ」
今コイツは、なんていった・・・・・・・・・・・・・?
寺田が死んだのは、俺のせい?
「おい!!!お前どういうことだよ!!!!!」
「夢の中であなたは、私だけのものっていったじゃない!!」
「お前・・・・・・・・・マジかよ・・・きもいぞ・・・・」
「あなたがだれかと話してるのを見るのは、もういや・・・・・見たくない・・・ねぇ?一緒に死のうよ」
そういうと加藤は、鞄からナイフを出した。ペーパーナイフのようなちゃっちなものではなく肉をそぎ落とすに使いそうなナイフだった
思考回路がもう停止していた。あぁ僕は、ここで死ぬのか・・・・・・・
いい人生じゃなかったな。結局好きな人にも告白できなくて死ぬのか
加藤がナイフを振りかざそうとしたときなにもかもあきらめたあぁここで終わりなんだな
「松野君・・・・・・・?加藤さんなにしてるの?」
加藤は、振り下ろそうとしていたナイフを止めた
「えっと・・・・・・・取り込み中なのかな?えっとじゃあ私帰るね!」
『待ってよ・・・・・・・・白井さん』
「白井さん逃げて!!!」
「?なにをいってるの松野君?なにから逃げるのよ?ねぇ?加藤さん?」
「そうよ・・・・・・・・・・・逃げる必要なんてないのよ。みんな結局死ぬんだから」
加藤は、ナイフを背中に隠しながら白井に近づいていった。
「あぁぁぁあああああああああ」
僕は、叫び声をあげて加藤にぶつかった。倒れた方向に机がありそのまま加藤は、机にぶつかる。
「が!?」
「きゃぁあぁああ!加藤さんだいじょうぶ?何てことするのよ!!」
  1. 2007/07/11(水) 19:41:24|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめまして

はじめまして・・・・
boyと申します
見苦しい小説などをお見せすることになると思いますが
少しでも興味を持たれた方
末永くお付き合いよろしくお願いします

まだ書いてもないので
載せるのに時間もかかりそうですけど
どうか温かい目でよろしくお願いしますね

テーマ:ブログはじめました! - ジャンル:日記

  1. 2007/07/11(水) 15:04:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

boy

Author:boy
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。