自分の価値を信じて

無数にあるサイトであなたが私のとこに来てくれるのって奇跡に近いと思わない?                         その奇跡を大切にしていきましょうよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名前

俺には、なにもなかった。いや、あったのかもしれないが見えなかった。
現実ってやつは、いつも残酷だ。そのものの大切さに気づいた瞬間には、もうそれは、手の届かないものとなっている。
あの日捨てた名前が、居場所がどれだけ大切だったのかを噛み締め今日も運命から逃げる



退屈な日常だった。いつもと変わらない焼き回しのような世界。
ただひとつ、違ったのは、一通のメール
「あなたは、選ばれました。このくだらない世界の抜け方をお教えしましょう。電話番号は、000000」
くだらないオカルト集団の迷惑メールくらいにしかおもってなかった。
その日から、毎日メールが来た。
「今の生活に不満は、ありませんか?私たちなら、世界の抜け穴おしえちゃいまーーす。電話番号は、000000」
「なかなかかけませんね?むむむむ。じゃあ特別ですよ?あなたが望むものをひとつだけあげちゃいます!電話番号は000000」
毎日きっかり0時に届くメール。誰かの悪戯なのかもしれない。でもここに電話しなくちゃいけない気がして、番号を押す。
「・・・・お客様のおかけになった電話番号は、」
「やっぱり悪戯だよな。」
「ただいまをもちまして終了します。おめでとうございます。さぁ、楽しい世界にGO」
スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 13:58:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

boy

Author:boy
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。